イシュタル/イナンナのレリーフ

¥4,800

■サイズ:高さ15.5cm 幅11.5cm 底面厚さ3.5cm
■材質:テラコッタ製
■製造:インド
■梱包:発泡スチロールに入っています(紙箱はありません)

在庫切れ

商品コード: 1558 商品カテゴリー:

説明

メソポタミアの愛と美の神

アッカドの愛と美の神イシュタルの、環と棒を持ってライオンと梟を従えた姿のレリーフです。シュメールの豊穣神イナンナと同一視され、輪と棒を手にしています。これは上位の神々の持ち物で、王に差し出している姿が描かれていることもあります。牛を繋ぐ縄と杭や、物差しと巻き尺などの説がありますが、縄の模様があったり棒に刻みが入っているものから、ただの輪のようなものもあり、権力の印として簡略化された形で表されるようになっていったのかもしれません。

大英博物館所蔵のイラク南部で発見された「バーニーの浮彫」(別名「夜の女王」)を元にしています。背面に壁掛けフック用の穴が開いています。自立しますが、それほど厚さが無いので、机や棚の上に置く場合は倒れないように気を付けてください。