ジャガーの神官の壁掛け
ジャガーの神官の壁掛け

力と権威の象徴
 ジャガーのお面


古代メソアメリカでは、ジャガーは力の象徴として神話や文化に欠かせない存在でした。ジャガーのお面を着けた神官は、ジャガーの力と権威をその身に宿して儀式を執り行ったのでしょう。頬の赤い筋は血が流れた跡を表しています。生贄を捧げたり、自ら血を流すことも神聖な行為だったのです。

ジャガー神官の壁掛けはエルサルバドルの陶芸作家の手によるものです。美しいものだけでなく、マヤ文化や歴史に関連したものを作りたいという作家の思いから作られました。ちなみにこの作品の赤やオレンジ色は熱帯アメリカ原産の紅の木の種から採れる食用色素を使っているそうです。ご注文はこのページ下部の「カートに入れる」ボタンをクリックしてください。

■サイズ:縦17cm 横14cm 厚さ6.5cm
■材質:陶器
■製造:エルサルバドル共和国
■梱包:商品箱はありませんが、厳重に梱包してお届けします







ジャガーの神官の壁掛け

ジャガーの神官の壁掛け
型番 1442
販売価格

5,700円(税込)

購入数

Cart
Category
Profile

翠微とは?

中国唐代の詩人、杜牧の「九日斉山の登高」の一節「客と壺を携えて翠微に上る」に因んでいます。

洞主のブログはこちら
ツイッターはこちら
-----------------------
古代エジプトの祭り
トピックス、リンク集
-----------------------
古代エジプト暦
現代歴8/18〜8/27は
   :
季:アケト(増水期)
月:パ=エン=イペト(第2月) 週:第1週