方形座像(ハトホル)
方形座像(ハトホル)

女神につかえた者?

方形座像とは古代エジプト独特の像で、ひざを抱えて座った人物の頭から下がブロックのようにひとかたまりになった像です。ブロック部分には名前や地位、葬祭用の碑文などがヒエフログリフで記されていて、足や腕が完全にブロックの中に入っているものや、この像のように輪郭が出ているものもあります。

正面には女神ハトホルが顔が彫刻してあります。エジプトの壁画や絵では神々や人物は真横を向いて表されますが、ハトホルやベスのように例外もあります。髪を真ん中で分け、両サイドで外巻にまとめた髪型はハトホル独特のもので、正面から描かれる際にはこの髪型をしています。この人物はハトホル神殿の関係者だったのかもしれません。他にもセンムトの方形座像もあります。是非いっしょに飾ってください。この像のヒエログリフは装飾的なものです。底面は黒の布貼りです。ご注文はこのページ下部の「カートに入れる」ボタンをクリックしてください。

■サイズ:高さ13cm 幅6cm 奥行き8cm
■材質:レジン(樹脂)製
■製造:中国
■梱包:発泡スチロールの抜き型に保護され箱に入っています







方形座像(ハトホル)

方形座像(ハトホル)
型番 1436
販売価格

3,900円(税込)

購入数

Cart
Category
Profile

翠微とは?

中国唐代の詩人、杜牧の「九日斉山の登高」の一節「客と壺を携えて翠微に上る」に因んでいます。

洞主のブログはこちら
-----------------------
古代エジプトの祭り
トピックス、リンク集
-----------------------
古代エジプト暦
現代歴10/17〜10/26は
   :
季:アケト(増水期)
月:カ=ヘル=カ(第4月) 週:第1週