誇り高き戦士の壺
誇り高き戦士の壺

輝くシカンの神の壺

アンデス北部文化の代表的なモチーフを銅の花瓶にまとわせました。壺の正面の吊りあがった目をした顔は、多くの黄金細工を遺したシカン王国の神を表しています。反対側にはシカンの儀式用のナイフ“黄金のテュミ”が。刃の付け根にはPERUの文字があしらわれています。壺の首には、シカンよりずっと時代が遡るチャビン文化の“ライモンディの石碑”をアレンジしたような模様が二人の戦士の姿とともに施されています。

ペルーの作家の手作りで、銅の板を曲げて作られています。鋳造ではないので重くはありません。首の部分は模様が打ち出されており、首の後ろと付け根に継ぎ目があります。神の顔とテュミは別に作ったパーツを被せてあります。手作りですので、細かい部分や緑青(ろくしょう)仕上げは1点ずつ景色が異なります。水は漏れない仕様とのことですが、花瓶にする場合はご使用前に確認してください。小振りですが存在感があるので、そのまま飾ってください。作品名は Proud Warrior です。ご注文はこのページ下部の「カートに入れる」ボタンからどうぞ。

■サイズ:高さ14.5cm 幅(取っ手含む)10.5cm 底面7cm
■重さ:約150g
■材質:銅、青銅
■製造:ペルー
■梱包:箱はありませんので、厳重に梱包してお届けします







誇り高き戦士の壺

誇り高き戦士の壺
型番 1429
販売価格

12,000円(税込)

購入数

Cart
Category
Profile

翠微とは?

中国唐代の詩人、杜牧の「九日斉山の登高」の一節「客と壺を携えて翠微に上る」に因んでいます。

洞主のブログはこちら
ツイッターはこちら
-----------------------
古代エジプトの祭り
トピックス、リンク集
-----------------------
古代エジプト暦
現代歴4/25〜5/4は
   :
季:シェムゥ(収穫期)
月:パ・エン=イネト(第2月) 週:第2週