ペトラの銅板レリーフ
ペトラの銅板レリーフ

バラ色の岩山に隠された古代都市

ヨルダンの荒涼とした岩山、切り立った崖の隙間の細長い道を抜けると、目の前に突然現れるローマ風の遺跡。それがペトラ遺跡です。紀元前1世紀頃から住み始めたナバテア人は、交通の要衝だったこの地に都市を築きました。その後はローマに支配されますが、ナバテアは自治権を認められ、その頃からローマ風の建物が建築されたのです。

映画に登場して有名になりましたが、気軽に行ける場所ではありません。公開されている部分は全体の数パーセントと言われていますが、それでも見学に1日かかるほど広い遺跡です。うっすらと赤みを帯びた岩の神殿や墳墓、劇場など多くの遺跡がありますが、その中でも一番目を引くエル・カズネ、通称「宝物殿」を銅板レリーフにしました。

木製のフレーム入りで机の上や飾り棚に置いていただけます。また吊り下げ用の金具も付いていますので壁にも掛けられます。思い出のペトラ遺跡、いつかは行きたい憧れの遺跡を銅板レリーフでお楽しみください。作家が1点ずつ作っていますので、細部が見本画像と異なる事があります。ご注文はこのページ下部の「カートに入れる」ボタンをクリックしてください。

◆作者のizumina craft 和泉美那については「ナスカの地上絵レターセット」をご覧ください。
■銅板本体 縦15cm 横10.5cm
■フレーム 縦17.7cm 横13.3cm
■材質:銅板+木製フレーム+樹脂のカバー板
■箱に入っています







ペトラの銅板レリーフ

ペトラの銅板レリーフ
型番 1396
販売価格

4,200円(税込)

購入数

Cart
Category
Profile

翠微とは?

中国唐代の詩人、杜牧の「九日斉山の登高」の一節「客と壺を携えて翠微に上る」に因んでいます。

洞主のブログはこちら
ツイッターはこちら
-----------------------
古代エジプトの祭り
トピックス、リンク集
-----------------------
古代エジプト暦
現代歴4/25〜5/4は
   :
季:シェムゥ(収穫期)
月:パ・エン=イネト(第2月) 週:第2週