ナスカの地上絵ペンダント
ナスカの地上絵ペンダント

古代の遺産を3種のアクセサリーで

ペルーの高原に遺された不思議な地上絵をブラスプレートに刻み、いつでも身に付けられるアクセサリーにしました。はちどり、コンドル、さるなどの有名なものから、手と呼ばれる正体不明のものまで10種類。さらにラインが黒いタイプと、プレートの周りに縁どりがあり背景が黒いタイプの2種類から選んでいただけます。裏面はプレーンなブラス地で、プレートは地上絵に合わせて4つの形があります。

ペンダントは2本のチェーンをずらして組み合わせた、ほどよい太さのデザインチェーン。落ち着いた雰囲気のアンティークゴールド仕上げです。

エッチング加工された黒っぽい部分は斑の出方がひとつずつ異なります。ブラス(真鍮)は銅を含んでいますので、時が経つと黒ずんでブロンズのような色になってきます。アンティークな渋い雰囲気になりますが、金属磨き剤やはみがき粉でお手入れしますとブラスの輝きが戻ります。塩分が付くと緑青(ろくしょう)が発生することがありますので、汗がついたらふき取ってください。受注生産ですので、発送までに1週間から10日ほどかかります。ご了承ください。ご注文はこのページ下部の一覧表から選んで「カートに入れる」ボタンをクリックしてください。

◆作家については「ナスカの地上絵レターセット」をご覧ください。
■チェーン+留め具: 長さ64cm
■長方形: 縦4cm 横3cm 厚さ1.5cm
■ひし形: 縦5.3cm 横3cm 厚さ1.5cm
■三角形: 縦4.4cm 横3.3cm 厚さ1.5cm
■楕円形: 縦4cm 横3cm 厚さ1.5cm
■代金引換のみ郵便がご利用いただけます
(注文画面の備考欄にご記入ください・正式受注メールで金額をお知らせします・日時指定不可)







ナスカの地上絵ペンダント

ナスカの地上絵ペンダント
型番 1371
販売価格

3,200円(税込)

購入数

オプションの価格詳細はコチラ

 背景が金縁付き
コンドル
いぬ
はちどり
とかげ
くも
くじら
さる
しゃち

Cart
Category
Profile

翠微とは?

中国唐代の詩人、杜牧の「九日斉山の登高」の一節「客と壺を携えて翠微に上る」に因んでいます。

洞主のブログはこちら
ツイッターはこちら
-----------------------
古代エジプトの祭り
トピックス、リンク集
-----------------------
古代エジプト暦
現代歴6/14〜6/23は
   :
季:シェムゥ(収穫期)
月:メスト・レー(第4月) 週:第1週