ロゼッタストーン(ミニ)
ロゼッタストーン(ミニ)

重さ760kgの石碑を手の平に

大英博物館の目玉展示品のひとつロゼッタストーンは、ナイルデルタの港湾都市ラシードで1799年に発見されました。元は石柱の一部だったと推測されるロゼッタストーンは、ラシードの英語読みから付けられた名前です。

これを聞くと元からラシードに建立された石柱のように思いますが、どうやら違うようです。エジプトでは古いピラミッドや神殿から剥がした石材を、別の神殿を作る為に使うことがよくありました。ロゼッタストーンもどこかの神殿から剥がされてラシードに運ばれてきたと考えられています。それをまたナポレオン隊が見つけたわけですが、その後いくつかの国が所有権を主張するなか、最終的にはフランスではなくイギリスに渡ったのでした。

さて、こちらは大英博物館オリジナルのペーパーウエイトです。重さ760kgの石碑が手の平に収まるミニサイズのレプリカになりました。未知なるものの解読の鍵を象徴する言葉としても使われるロゼッタストーンを、文字通りあなたの手中に収めてください。裏面は黒のクッションシートが貼ってあります。ご注文はこのページ下部の「カートに入れる」ボタンをクリックしてください。

卒業記念品などでまとまった数がご入り用の際はお取り寄せ致しますが、納期は数とタイミングにより1〜2か月かかることがあります。

■縦8.5cm 横6.7cm 厚さ1.5cm 重さ約100g
■レジン製
■箱に入っています
■大英博物館オリジナル・正規輸入品





下はロゼッタストーンの壁掛けとの大きさ比較


ロゼッタストーン(ミニ)

ロゼッタストーン(ミニ)
型番 1355
販売価格

1,600円(税込)

購入数

Cart
Category
Profile

翠微とは?

中国唐代の詩人、杜牧の「九日斉山の登高」の一節「客と壺を携えて翠微に上る」に因んでいます。

洞主のブログはこちら
ツイッターはこちら
-----------------------
古代エジプトの祭り
トピックス、リンク集
-----------------------
古代エジプト暦
現代歴9/17〜9/26は
   :
季:アケト(増水期)
月:ハトホル(第3月) 週:第1週