死者の書のトートバッグ
死者の書のトートバッグ

日々のお買い物に
古代エジプトを持っていく


いつも古代エジプトを身近に置きたいあなたは、日々のお買い物にどんなバッグを使っていますか?

大英博物館には有名な古代エジプトの発掘品が数多くありますが、その中でもパピルスに書かれた死者の書は保存状態のよいものが揃っています。死者の書は、永遠に平和に暮らすことができるイアル野に行くためのガイドブックのようなものです。「心臓の計量」でお馴染みの審判の場に辿り着くまでにいろいろな呪文を唱えないといけませんが、その前にまず、ミイラ状態の死者が口を開いて話せるようにする「口開けの儀式」があります。

神官が口開けの道具を手にし、妻や娘がミイラ姿の死者にすがりつく。そんな口開けの儀式の場面がプリントされたトートバッグは大英博物館のオリジナルで、第19王朝セティ1世の書記官フネフェルの死者の書の第1章の場面です。薄手のキャンバス生地ですので、折りたたんでもそれほどかさばりません。プリントは片面のみに入っています。お買い物はもちろん、スポーツ教室用に着替えや大判のタオルなどを入れてもいいですね。
ご注文はこのページ下部の「カートに入れる」ボタンをクリックしてください。

■平置きで横49cm 縦36cm 底まち9.5cm
■綿100% 薄手キャンバス
■大英博物館オリジナルグッズ 正規輸入品







死者の書のトートバッグ

死者の書のトートバッグ
型番 1342
販売価格

1,900円(税込)

購入数

Cart
Category
Profile

翠微とは?

中国唐代の詩人、杜牧の「九日斉山の登高」の一節「客と壺を携えて翠微に上る」に因んでいます。

洞主のブログはこちら
ツイッターはこちら
-----------------------
古代エジプトの祭り
トピックス、リンク集
-----------------------
古代エジプト暦
現代歴8/18〜8/27は
   :
季:アケト(増水期)
月:パ=エン=イペト(第2月) 週:第1週