ウルのゲーム
ウルのゲーム

日本語の解説をお付けします

シュメール王国の古代都市ウルで発見されたゲームです。王族や富者の墓から見つかっていますが、名前もルールもわかっていませんが、「ロイヤル・ゲーム・オブ・ウル」と呼ばれています。
駒は白と黒で片面にマークが付いています。サイコロは三角錐の2か所の角にマークがあり、4個を投げて頂点にマークがあるものを数えます。

研究者が推測したルールには主に2種類があり、一つはバックギャモンのように自分の全ての駒をゴールさせるものです。もう一つは戦略ゲームで、第一段階で駒を配置し、第二段階で駒を動かしていきます。こちらは駒の両面を使います。
メソポタミアの珍しいゲームは遺跡ファンだけでなくボードゲームコレクターの方にもお勧めします。在庫希少の不定期入荷品です。箱は角などが少しつぶれていることがあります。ご了承ください。ご注文はこのページ下部の「カートに入れる」ボタンからどうぞ。

■サイズ: 長さ34cm 幅13.525cm 高さ4.8cm
■付属品: 駒2種類各7個、さいころ8個が本体の引き出しに入っています
■材質: 木製
■梱包: イラスト箱に入っています







ウルのゲーム

ウルのゲーム
型番 1287
販売価格

8,800円(税込)

在庫数 0
品切れ中
Cart
Category
Profile

翠微とは?

中国唐代の詩人、杜牧の「九日斉山の登高」の一節「客と壺を携えて翠微に上る」に因んでいます。

洞主のブログはこちら
-----------------------
古代エジプトの祭り
トピックス、リンク集
-----------------------
古代エジプト暦
現代歴10/17〜10/26は
   :
季:アケト(増水期)
月:カ=ヘル=カ(第4月) 週:第1週