弓を引くツタンカーメン
弓を引くツタンカーメン

ツタンカーメンの彫像用厨子より

椅子に腰かけ弓を引く像は、彫像用厨子に刻まれた絵のツタンカーメンだけを像にしたものです。
弓は小型で、王妃が矢を差し出していることから、仲睦まじく射的を楽しんでいるようです。座位で弓を引く姿は足が悪かったことを示しているという解説がありますが、同じ厨子に描かれた漁の場面ではツタンカーメンはパピルス葦の小舟の上で立っています。足が悪いのが事実だったとしても、この絵を証拠とするのは解説としては少し粗いかもしれません。

厨子は全体が金ですが、こちらの像は黒と金に塗り分けられ、豪華な衣装の雰囲気がよく出ています。台座に凹みや余分な材料の付着などがありますが、とても美しく、また珍しいツタンカーメンの像です。底面は黒の布貼りです。ご注文はこのページ下部の「カートに入れる」ボタンをクリックしてください。

■高さ20cm 長さ16.5cm 幅7cm
■レジン製
■発泡スチロールの抜き型に保護され箱に入っています(箱は美しくありません)







弓を引くツタンカーメン

弓を引くツタンカーメン
型番 1270
販売価格

7,700円(税込)

購入数

Cart
Category
Profile

翠微とは?

中国唐代の詩人、杜牧の「九日斉山の登高」の一節「客と壺を携えて翠微に上る」に因んでいます。

洞主のブログはこちら
ツイッターはこちら
-----------------------
古代エジプトの祭り
トピックス、リンク集
-----------------------
古代エジプト暦
現代歴4/25〜5/4は
   :
季:シェムゥ(収穫期)
月:パ・エン=イネト(第2月) 週:第2週