アヌビス犬姿像(中)
アヌビス犬姿像(中)

エジプト全土で崇拝された墓所の守り神

黒犬の姿で伏せ、頭を高くあげて死者の魂を守るアヌビス神。
アシウト出身の神ですがエジプト全土の主なネクロポリス(墓所の街)で崇拝されました。
同じ黒犬姿で王の軍隊を先導する神ウプウアウトと混同されることがありますが、ネクタイを着けて伏せていればアヌビスです。

ツタンカーメン王墓のアヌビスの厨子でもお馴染みの姿です。こちらの(中)は塗装が少し粗く、塗料のよれがあったり入り組んだ箇所の表面がざらついています。ご了承ください。底面は黒の布貼りです。2体写っている画像は、手前が(中)です。ご注文はこのページ下部の「カートに入れる」ボタンをクリックしてください。

■(中)長さ25.5cm 高さ16.5cm 幅7.5cm
■(参考:大) 長さ29cm 高さ20cm 幅9.5cm
■レジン製
■発砲スチロールの抜き型で保護されて箱に入っています





アヌビス犬姿像(中)

アヌビス犬姿像(中)
型番 1109
販売価格

4,800円(税込)

在庫数 0
品切れ中
Cart
Category
Profile

翠微とは?

中国唐代の詩人、杜牧の「九日斉山の登高」の一節「客と壺を携えて翠微に上る」に因んでいます。

洞主のブログはこちら
ツイッターはこちら
-----------------------
古代エジプトの祭り
トピックス、リンク集
-----------------------
古代エジプト暦
現代歴6/14〜6/23は
   :
季:シェムゥ(収穫期)
月:メスト・レー(第4月) 週:第1週