トロワ・フレールのシャーマン
トロワ・フレールのシャーマン

後期旧石器時代の洞窟“レ・トロワ・フレール洞窟”の壁画より

フランス南部のピレネー山麓にあるレ・トロワ・フレール洞窟のシャーマンの壁画のレリーフです。紀元前2万7000年〜1万3,500年のものと推定される洞窟には、トナカイや馬、バイソンなどの絵の他に、人と動物の混成像が描かれています。

その中のひとつ、鹿の姿に梟の顔、狼の尾と人の手足を持つ「大呪術師」や「魔術師」と呼ばれる図を元にしました。背面に壁掛けフック用の金具が付いています。金具に錆が浮いています。錆止めを塗布してお届けします。後期旧石器時代、クロマニョン人の描いた知る人ぞ知る壁画をお手元に。ご注文はこのページ下部の「カートに入れる」ボタンをクリックしてください。

■サイズ:縦15.5cm 横13cm 厚さ3cm
■材質:レジン樹脂製
■梱包:発泡スチロールの箱に入っています(外箱はありません)





トロワ・フレールのシャーマン

トロワ・フレールのシャーマン
型番 2009
販売価格

4,900円(税込)

購入数

Cart
Category
Profile

翠微とは?

中国唐代の詩人、杜牧の「九日斉山の登高」の一節「客と壺を携えて翠微に上る」に因んでいます。

洞主のブログはこちら
-----------------------
古代エジプトの祭り
トピックス、リンク集
-----------------------
古代エジプト暦
現代歴12/6〜12/15は
   :
季:ペレト(播種期)
月:タ=アアベト(第1月) 週:第3週