ケルヌンノスの壁掛け―ケルトの男神
 ケルヌンノスの壁掛け―ケルトの男神

鹿角の狩猟の神

牡鹿の角、長い髪と髭・・・古代ヨーロッパのケルトの神ケルヌンノスです。狩猟の神、獣の王、豊穣と繁栄の神として信仰されました。紀元前1世紀とされるデンマークのグンデストルップの大釜に表された姿が有名ですが、紀元前4世紀のイタリアの岩絵にもその姿が見られます。

通常、動物とともに表され、この壁掛けでは、牡鹿、羊の角がついた蛇、牡牛、狼、猪がこの神を取り囲んでいます。ケルトの首飾りトークを身に付け、また手にもトークを持っています。脚を組んだ定番のポーズでまっすぐにこちらを見つめる神秘的なレリーフを是非お部屋に飾ってください。少し重いのでしっかりしたフックをお使いください。ご注文はこのページ下部の「カートに入れる」ボタンをクリックしてください。

■サイズ:縦32cm 横30cm 厚さ3cm 重さ約3kg
■材質:レジン樹脂製
■製造:中国
■梱包:発泡スチロールに保護され段ボールの箱に入っています







ケルヌンノスの壁掛け―ケルトの男神

 ケルヌンノスの壁掛け―ケルトの男神
型番 1470
定価 9,800円(税込)
販売価格

7,900円(税込)

購入数


関山香プレゼント中 詳しくはこちらから

Cart
Category
Profile

翠微とは?

中国唐代の詩人、杜牧の「九日斉山の登高」の一節「客と壺を携えて翠微に上る」に因んでいます。

洞主のブログはこちら
-----------------------
古代エジプトの祭り
トピックス、リンク集
-----------------------
古代エジプト暦
現代歴7/19〜7/28は
   :
季:アケト
月:ジェフゥティ(第1月)
週:第1週