ギルガメシュ像
ギルガメシュ像

ドゥル・シャルキンの
レリーフより


ギルガメシュ叙事詩の主人公ギルガメシュは、南メソポタミアの初期王朝時代の伝説的な王です。半神半人のギルガメシュの物語はシュメール人の手によって記録され、アッシリア、バビロニアと受け継がれる中で長編叙事詩にまとめあげられていきました。出土した壺や円筒印章、ハープの胴などに、登場人物たちの姿を見ることができます。

「全てを見た人」ギルガメシュの像は、ホルサバードのドゥル・シャルキンで発掘された、仔ライオンを抱くギルガメシュのレリーフを元にしています。現在ルーブル美術館が所蔵するレリーフでは右手に蛇を握っているのですが、この像では省略されています。底面は黒の布貼りです。ご注文はこのページ下部の「カートに入れる」ボタンをクリックしてください。

■サイズ:高さ22cm 幅9cm 奥行き4.5cm
■材質:レジン(樹脂)製
■製造:中国
■梱包:発泡スチロールの抜き型に保護され箱に入っています







ギルガメシュ像

ギルガメシュ像
型番 1538
販売価格

7,800円(税込)

購入数

Cart
Category
Profile

翠微とは?

中国唐代の詩人、杜牧の「九日斉山の登高」の一節「客と壺を携えて翠微に上る」に因んでいます。

洞主のブログはこちら
-----------------------
古代エジプトの祭り
トピックス、リンク集
-----------------------
古代エジプト暦
現代歴10/17〜10/26は
   :
季:アケト(増水期)
月:カ=ヘル=カ(第4月) 週:第1週