グリフィンのガーゴイル
グリフィンのガーゴイル

ゴシック建築の石像

百獣の王ライオンと鳥類の王者ワシの合成獣グリフィンのガーゴイルです。ガーゴイルとは本来はゴシック建築の雨樋の排出口の彫刻のことですが、今では大邸宅などの屋根の上の怪物の石像を表すことが多くなりました。

侵入者を警戒するグリフィンのガーゴイルは、表面が多孔質の石でできているような仕上げになっています。 獰猛なグリフィンを部屋の見張り番として手に入れてください。底面は黒の布張りです。ご注文はこのページ下部の「カートに入れる」ボタンをクリックしてください。

■サイズ:高さ15.5cm 長さ13cm 幅13cm
■材質:レジン(樹脂)製
■製造:中国
■梱包:発泡スチロールの型に保護され箱に入っています







グリフィンのガーゴイル

グリフィンのガーゴイル
型番 1529
販売価格

4,200円(税込)

購入数

Cart
Category
Profile

翠微とは?

中国唐代の詩人、杜牧の「九日斉山の登高」の一節「客と壺を携えて翠微に上る」に因んでいます。

洞主のブログはこちら
ツイッターはこちら
-----------------------
古代エジプトの祭り
トピックス、リンク集
-----------------------
古代エジプト暦
現代歴8/18〜8/27は
   :
季:アケト(増水期)
月:パ=エン=イペト(第2月) 週:第1週