ヒポグリフ像
ヒポグリフ像

雲を蹴って空を行く

ヒポグリフはグリフィン(グリフォン)と馬を親に持つ合成獣です。グリフィンが馬を食料とするため、古代ローマでは有り得ないことの代名詞でした。16世紀に小説に登場してからは少しずつ数が増えてきたようで、ハリー・ポッターの物語に「バックビーク」という名のヒポグリフが登場したり、ビデオゲームなどにも姿を現すようになりました。

気性の荒いグリフィンに乗ることはまず不可能ですが、ヒポグリフは誠実な態度で接すれば人を乗せてくれることもあるようです。雲を蹴って空を行く、力強いヒポグリフ。あなたにも心を開いてくれるかもしれません。底面は黒の布貼りです。ご注文はこのページ下部の「カートに入れる」ボタンをクリックしてください。

■サイズ:高さ25cm 長さ22cm 幅18cm
■材質:ブロンズレジン(ブロンズ粉入りレジン樹脂)製
■製造:中国
■梱包:発泡スチロールの抜型に保護され箱に入っています







ヒポグリフ像

ヒポグリフ像
型番 1337
販売価格

14,500円(税込)

購入数

Cart
Category
Profile

翠微とは?

中国唐代の詩人、杜牧の「九日斉山の登高」の一節「客と壺を携えて翠微に上る」に因んでいます。

洞主のブログはこちら
-----------------------
古代エジプトの祭り
トピックス、リンク集
-----------------------
古代エジプト暦
現代歴12/16〜12/25は
   :
季:ペレト(播種期)
月:パ=エン・メヘル(第2月) 週:第1週