パピルスのピアスイヤリング
パピルスのピアスイヤリング

ナイルを縁取る緑の葦

ナイルの岸辺に茂っていたパピルス葦は、紙の原料になった他、小舟やサンダルなどにも加工されました。また、下エジプトを象徴する植物として古代エジプト美術に広く使われ、ヒエログリフでは緑を表す文字にもなりました。

扇のように開いた苞の萼と株本から立ち上がる葉に小さな白のラインストーンがちりばめられています。蕾のような若い茎と枯れて垂れ下がった茎もデザインされています。このイヤリングにはお揃いのペンダントもあります。ご注文はこのページ下部の「カートに入れる」ボタンをクリックしてください。

■サイズ:縦2cm(輪を除くデザイン部分のみ) 横1.4cm
■材質:鉛を含まない金属製
■製造:中国
■梱包:台紙付きの透明袋に入っています

★郵送できます(備考欄に郵送希望とご記入ください)
・全国一律1点170円で郵便受けにお届け(代金引換は手数料込みで530円)
・日時指定不可、破損・盗難補償無し
・他商品との同梱や複数の場合は、お知らせする金額のご了承後に発送します





パピルスのピアスイヤリング

パピルスのピアスイヤリング
型番 1511e
販売価格

1,600円(税込)

購入数

Cart
Category
Profile

翠微とは?

中国唐代の詩人、杜牧の「九日斉山の登高」の一節「客と壺を携えて翠微に上る」に因んでいます。

洞主のブログはこちら
ツイッターはこちら
-----------------------
古代エジプトの祭り
トピックス、リンク集
-----------------------
古代エジプト暦
現代歴8/18〜8/27は
   :
季:アケト(増水期)
月:パ=エン=イペト(第2月) 週:第1週