ラマッスのブックエンド
ラマッスのブックエンド

≪再入荷検討中≫

メトロポリタン美術館所蔵のラマッス

アッシリアのニムルド宮殿の門番、人頭有翼獣ラマッスのブックエンドです。紀元前9世紀頃造られたラマッスはおよそ10対が発見されています。このブックエンドのデザインの元となったのはメトロポリタン美術館のものですが、他にもルーブル美術館や大英博物館が所蔵しています。

ラマッスは門と一体化して門の内側に立っており、向かって右は牡牛、左はライオンの体をしています。ブックエンドは門と一体化している側が平らになっていますので、間に本を挟むと位置が逆になります。古代オリエント関係の書物などを立てかけるにはこれ以上のものはないのではないでしょうか。底面は黒の布張りです。在庫希少の不定期入荷品です。ご注文はこのページ下部の「カートに入れる」ボタンをクリックしてください。

■サイズ:高さ23cm 長さ20.5cm 幅9.5cm 重さ各2.9kg
■材質:レジン(樹脂)製
■梱包:発泡スチロールの型に保護され発送用の箱に入っています







ラマッスのブックエンド

ラマッスのブックエンド
型番 1527
販売価格

24,800円(税込)

在庫数 0
品切れ中
Cart
Category
Profile

翠微とは?

中国唐代の詩人、杜牧の「九日斉山の登高」の一節「客と壺を携えて翠微に上る」に因んでいます。

洞主のブログはこちら
-----------------------
古代エジプトの祭り
トピックス、リンク集
-----------------------
古代エジプト暦
現代歴12/6〜12/15は
   :
季:ペレト(播種期)
月:タ=アアベト(第1月) 週:第3週