洪水タブレット/ギルガメシュ叙事詩
洪水タブレット/ギルガメシュ叙事詩

大英博物館が作った精巧なレプリカ

イラク北部のニネヴェで発見された紀元前7世紀の粘土板です。メソポタミアの粘土板で最も有名なもので、ギルガメシュ叙事詩の洪水のくだりが楔形文字で記されています。永遠の命を持つウトナピシュティムがギルガメッシュに語ったのは、ノアの方舟によく似た洪水の話しでした。

アッシリアのアッシュールバニパル王が遺した膨大な粘土板資料のひとつで、ギルガメシュ叙事詩の第11番目のタブレットの右上部分です。日本では2015年の大英博物館展で展示されました。大英博物館所蔵のオリジナルから型を取ったというこのレプリカは、展示用の台座にポールで取り付けられています。台座の底面は黒の布貼りです。博物館が作った精巧なレプリカを是非手に入れてください。ご注文はこのページ下部の「カートに入れる」ボタンをクリックしてください。

■大英博物館オリジナルグッズ正規輸入品
■サイズ:本体高さ15cm 幅13cm 厚さ3cm 台座含む高さ21cm 台座幅11cm 台座奥行6.5cm
■材質:レジン(樹脂)製
■製造:英国
■梱包:エアクッションに保護され箱に入っています







洪水タブレット/ギルガメシュ叙事詩

洪水タブレット/ギルガメシュ叙事詩
型番 1523
販売価格

8,200円(税込)

購入数

Cart
Category
Profile

翠微とは?

中国唐代の詩人、杜牧の「九日斉山の登高」の一節「客と壺を携えて翠微に上る」に因んでいます。

洞主のブログはこちら
-----------------------
古代エジプトの祭り
トピックス、リンク集
-----------------------
古代エジプト暦
現代歴11/16〜11/25は
   :
季:ペレト(播種期)
月:タ=アアベト(第1月) 週:第1週