アンクのペンダント:スカラベとカルトゥーシュ
アンクのペンダント:スカラベとカルトゥーシュ

スカラベとカルトゥーシュが形作るアンク

隼の翼とスカラベ、カルトゥーシュが「命」を意味するアンクを形作っているペンダントです。翼はこのスカラベの背から出ていませんが、隼の翼が付いたスカラベはアピと呼ばれ、昇る朝日の象徴です。またカルトゥーシュは王名を囲む輪のことで、永遠を表すシェンが伸びた形になっているものです。

中央には赤いラインストーンが嵌っていて、スカラベが太陽を押し上げるポーズになっています。横に広がった部分にはエジプトロータス(睡蓮)があしらわれています。カルトゥーシュの中の名前は、デザイン的にいれたもので実在の王族の名前ではないようです。このペンダントにはお揃いのピアスイヤリングもあります。ご注文はこのページ下部の「カートに入れる」ボタンをクリックしてください。

■サイズ:縦4cm(本体上部の輪を除く) 幅2.5cm チェーン長さ60cm(+5cm)
■材質:鉛を含まない金属製
■製造:中国
■梱包:台紙付きの透明袋に入っています

★郵送できます(備考欄に郵送希望とご記入ください)
・全国一律1点170円で郵便受けにお届け(代金引換は手数料込みで530円)
・日時指定不可、破損・盗難補償無し
・他商品との同梱や複数の場合は、お知らせする金額のご了承後に発送します





アンクのペンダント:スカラベとカルトゥーシュ

アンクのペンダント:スカラベとカルトゥーシュ
型番 1510b
販売価格

2,600円(税込)

購入数

Cart
Category
Profile

翠微とは?

中国唐代の詩人、杜牧の「九日斉山の登高」の一節「客と壺を携えて翠微に上る」に因んでいます。

洞主のブログはこちら
ツイッターはこちら
-----------------------
古代エジプトの祭り
トピックス、リンク集
-----------------------
古代エジプト暦
現代歴7/19〜7/28は
   :
季:アケト(増水期)
月:ジェフゥティ(第1月) 週:第1週