香り脂を頭に載せた人々のレリーフ
香り脂を頭に載せた人々のレリーフ

この品はすぐに発送できます

宴会の客たちの様子を描いた壁画の浮彫りを元にしたと思われます。詳しい情報が無いのですが、権力者の側近の墓のものとのことです。古代エジプトの特徴的な表現で整然と並んで描かれた3人の男性は、香油を練り込んだ円錐形の脂を頭に乗せています。体温で溶けた脂から漂う香りを楽しむためのものです。

考古省レプリカはエジプト考古省が省内に展示する為に作製したもので、考古省への来訪者が希望する場合にのみ販売に応じていました。現在は一部を省外で販売することもありますが、その時々で入手できる種類や数が限られています。当店でもいつどんなレプリカを入手できるかわかりません。作りが粗い部分もありますが、入手困難な考古省レプリカを是非お手元に置いてください。
ご注文はこのページ下部の「カートに入れる」ボタンをクリックしてください。

■サイズ:縦22cm 横27cm 重さ約700g
■材質:石膏+木枠
■製造:エジプト
■梱包:箱はありませんが、厳重に梱包してお届けします







香り脂を頭に載せた人々のレリーフ

香り脂を頭に載せた人々のレリーフ
型番 9804
販売価格

4,200円(税込)

在庫数 0
品切れ中
Cart
Category
Profile

翠微とは?

中国唐代の詩人、杜牧の「九日斉山の登高」の一節「客と壺を携えて翠微に上る」に因んでいます。

洞主のブログはこちら
-----------------------
古代エジプトの祭り
トピックス、リンク集
-----------------------
古代エジプト暦
現代歴10/17〜10/26は
   :
季:アケト(増水期)
月:カ=ヘル=カ(第4月) 週:第1週