カーアペル像(村長の像)
カーアペル像(村長の像)

只今のご注文で
12月10日頃発送します


4500年前第5王朝時代の神官カーアペルの像は、ジェセル王やウナス王のピラミッドがあるサッカラで発見されました。発掘した作業員の村の村長に似ていたことから「村長の像」とも呼ばれています。112cmの像は木製で、漆喰が塗られ彩色されていたようです。生きているかのような目が印象的なすばらしい像です。そんな古王国時代の傑作を卓上レプリカでどうぞ。

考古省レプリカはエジプト考古省が省内に展示する為に作製したもので、考古省への来訪者が希望する場合にのみ販売に応じていました。現在は一部を省外で販売することもありますが、その時々で入手できる種類や数が限られています。当店でもいつどんなレプリカを入手できるかわかりません。作りが粗い部分もありますが、入手困難な考古省レプリカを是非お手元に置いてください。

月末までのご注文は翌月10日前後の発送になります。お急ぎの際はご相談ください。ご注文はこのページ下部の「カートに入れる」ボタンをクリックしてください。

■サイズ:高さ36.5cm 幅11cm 奥行き12.5cm
■材質:石膏製
■製造:エジプト
■梱包:箱はありませんが、厳重に梱包してお届けします







カーアペル像(村長の像)

カーアペル像(村長の像)
型番 9802
販売価格

9,400円(税込)

購入数

Cart
Category
Profile

翠微とは?

中国唐代の詩人、杜牧の「九日斉山の登高」の一節「客と壺を携えて翠微に上る」に因んでいます。

洞主のブログはこちら
-----------------------
古代エジプトの祭り
トピックス、リンク集
-----------------------
古代エジプト暦
現代歴12/16〜12/25は
   :
季:ペレト(播種期)
月:パ=エン・メヘル(第2月) 週:第1週