ブルーロータスのスカーフ
ブルーロータスのスカーフ

聖なる花の気品を纏う

古代エジプトを代表するモチーフのひとつ―ブルーロータスのスカーフです。ロータスというと蓮ですが、ブルーロータスは和名で、剣状の花弁をした睡蓮の仲間です。エジプトには夜咲くシロスイレンもあり、朝に咲くブルーロータスは太陽の化身であるネフェルテム神の象徴とされました。

デザインは壁画に描かれたブルーロータスを元にし、色使いは実際の花を参考にした気品ある淡い青紫色です。色づいた花の合間には、薄い青色の線画のロータスがあしらわれています。古代の聖なる花の気品を身に纏ってください。ご注文はこのページ下部の「カートに入れる」ボタンをクリックしてください。ギフト包装も承ります。

★大英博物館オリジナルグッズ正規輸入品
■サイズ:92cmx92cm
■材質:シルク100%
■梱包:箱に入れてお届けします







ブルーロータスのスカーフ

ブルーロータスのスカーフ
型番 1496
販売価格

6,900円(税込)

購入数

Cart
Category
Profile

翠微とは?

中国唐代の詩人、杜牧の「九日斉山の登高」の一節「客と壺を携えて翠微に上る」に因んでいます。

洞主のブログはこちら
ツイッターはこちら
-----------------------
古代エジプトの祭り
トピックス、リンク集
-----------------------
古代エジプト暦
現代歴4/25〜5/4は
   :
季:シェムゥ(収穫期)
月:パ・エン=イネト(第2月) 週:第2週