死者の書のネクタイ
死者の書のネクタイ

古代の儀式がネクタイに

パピルスに書かれたフネフェルの死者の書を元にデザインされたネクタイです。アヌビス神とトト神が死者の心臓を量る場面と、死者があの世で話したり食べたりできるようにする口開けの儀式の場面が、座る神々とコブラのボーダーとともに連続模様でプリントされています。

一目でわかる古代エジプト模様で、カジュアルな場や知的な遊びの場にどうぞ。9cmのレギュラー幅ですので、かしこまった場でなければ普通にお使いいただけます。柄の出方はどれもほぼ同じです。ロゼッタストーン柄とメソポタミアのウルのスタンダード柄もあります。ご注文はこのページ下部の「カートに入れる」ボタンをクリックしてください。ギフト包装をご希望の場合は備考欄にてお知らせください。

■大英博物館オリジナルグッズ正規輸入品
■サイズ:長さ約150cm 大剣幅9cm
■材質:絹100%
■梱包:ネクタイ用の箱に入れてお届けします





死者の書のネクタイ

死者の書のネクタイ
型番 1494
販売価格

5,800円(税込)

購入数

Cart
Category
Profile

翠微とは?

中国唐代の詩人、杜牧の「九日斉山の登高」の一節「客と壺を携えて翠微に上る」に因んでいます。

洞主のブログはこちら
-----------------------
古代エジプトの祭り
トピックス、リンク集
-----------------------
古代エジプト暦
現代歴10/17〜10/26は
   :
季:アケト(増水期)
月:カ=ヘル=カ(第4月) 週:第1週