アヌビス人身立像
アヌビス人身立像

死後の儀式を執り行う人身姿

アヌビスは人姿の時でも頭は犬で表され、このような人身犬頭のアヌビスは死後の儀式によく登場します。死者があの世で話したり食べたりできるようミイラの口を開ける儀式を執り行ったり、審判の部屋で生前の行いが正しかったと主張する死者の心臓に嘘がないかを確認する「心臓の計量」が有名です。

左足を前に出し アンクとウアス杖を手にした立像は、大きな耳と鋭い目をして少し顔を上げています。腰布は白ではなくクリーム色です。ウアス杖の角度は1点毎に少しずつ異なります。アヌビスコレクションにブロンズ仕上げの立像を是非加えてください。底面は黒の布貼りです。ご注文はこのページ下部の「カートに入れる」ボタンをクリックしてください。

■サイズ:高さ22cm 幅6cm 奥行き9cm
■材質:ブロンズ粉入りレジン(樹脂)製
■製造:中国
■梱包:発泡スチロールの抜き型に保護され箱に入っています







アヌビス人身立像

アヌビス人身立像
型番 1477
販売価格

6,700円(税込)

購入数

Cart
Category
Profile

翠微とは?

中国唐代の詩人、杜牧の「九日斉山の登高」の一節「客と壺を携えて翠微に上る」に因んでいます。

洞主のブログはこちら
ツイッターはこちら
-----------------------
古代エジプトの祭り
トピックス、リンク集
-----------------------
古代エジプト暦
現代歴4/25〜5/4は
   :
季:シェムゥ(収穫期)
月:パ・エン=イネト(第2月) 週:第2週