「エジプト世界駅」
 vol.13 配布中!  ▲▲▲ 


・古代エジプト
  オベリスク、トトメス3世の植物園

・戌年スペシャル
  エジプトと犬の関係

・生活&文化
  エジプトお里自慢、ウード奏者

・ゲスト記事
  新駐日エジプト大使、エジプト人建築家

矢羽多先生の考古学レポート後編も!
ご注文品といっしょにお届けしています。
複数冊のご希望はこちらからどうぞ。

■ 古代エジプト 今月の祭り ■
 
季:ペレト 月:パ=エン・イメン=ヘテプ(第3月) 推定現代歴1/15〜2/13

■1日(推定現代歴1/15): 非常に古い儀式「天空を上げる」祭儀が、プタハ、アメン、ラーといった大神に捧げられました。ヘリオポリスが起源ですが、第9、10王朝にヘラクレオポリスにてこの祭儀が行われるようになると、雄羊頭のヘリシェフ神も加わりました。女神ヌトを天空に上げるシュウ神の手助けをするヘリシェフが描かれることもあります。
■18、19日(推定現在歴2/1、2): 生命が出現した最初の海、原初の水であるヌン神は宇宙的概念を擬人化した神である為神殿も無く、普段は信仰の対象にはなっていませんでしたが、この日はヌンに供物を捧げ讃える祭儀が行われました。
出典: 「エジプトの神々事典」河出書房新社
"Festivals in ancient Egyptian calendar"
by University College London  
★★★ 店主のお勧めサイト ★★★
中南米の遺跡や博物館を広く深くカバー
写真、レポート豊富な「ラテンアメリカ博物館」
ヒエログリフを読み解くなら
西村洋子先生の「古代エジプト資料館」
古代エジプト神話ファンならこちら
各国神話ネタも充実「無限∞空間」
オーダーメイドジュエリーと天然石の販売
古代エジプトモチーフも「LOTUS for BRIGHT」
Cart
Category
Profile

翠微とは?

中国唐代の詩人、杜牧の「九日斉山の登高」の一節「客と壺を携えて翠微に上る」に因んでいます。

洞主のブログはこちら
-----------------------
古代エジプトの祭り
トピックス、リンク集
-----------------------
古代エジプト暦
現代歴1/15〜1/24は
   :
季:ペレト(播種期)
月:パ=エン・イメン=ヘテプ(第3月)
週:第1週