■ 古代エジプト 今月の祭り ■
 
季:アケト 月:ハトホル(第3月)
推定現代歴9/17〜10/16

■日程不明: ナイルの増水がピークに達するこの時期、テーベの神々アメン、ムト、コンスがカルナック神殿を出てルクソール神殿を訪れる「オペトの祭り」が盛大に行われました。人々がアメンの像を聖船に乗せて担ぐこの祭りの様子はルクソール神殿のレリーフで見ることができます。10日間から27日間と資料によって様々ですが、いずれにしても長い期間人々は祭りで盛り上がったようです。
■30日(推定現代歴10/16): 先月にもアンケトとクヌムの祭りがありましたが、今回はアンケトだけに祭儀が行われました。時にガゼルの姿をとる、蘇生の水をもたらすこの女神は、高く盛った髪にさらにそびえ立つ羽毛付きの帽子が特徴的です。
出典: 「エジプトの神々事典」河出書房新社
"Festivals in ancient Egyptian calendar"
by University College London  
「エジプト世界駅」
 vol.14 配布中!  ▲▲▲ 


・古代エジプト
  ハトシェプスト女王、ファイアンス

・観光
  紅海シャルム・エル・シェイク

・生活&文化
  エジプト喫茶、ニュースいろいろ

・レクチャー
  エジプトでの写真撮影のアドバイス

ご注文品といっしょにお届けしています。
複数冊のご希望はこちらからどうぞ。

★★★ 店主のお勧めサイト ★★★
中南米の遺跡や博物館を広く深くカバー
写真、レポート豊富な「ラテンアメリカ博物館」
ヒエログリフを読み解くなら
西村洋子先生の「古代エジプト資料館」
古代エジプト神話ファンならこちら
各国神話ネタも充実「無限∞空間」
オーダーメイドジュエリーと天然石の販売
古代エジプトモチーフも「LOTUS for BRIGHT」
Cart
Category
Profile

翠微とは?

中国唐代の詩人、杜牧の「九日斉山の登高」の一節「客と壺を携えて翠微に上る」に因んでいます。

洞主のブログはこちら
-----------------------
古代エジプトの祭り
トピックス、リンク集
-----------------------
古代エジプト暦
現代歴9/17〜9/26は
   :
季:アケト
月:ハトホル(第3月)
週:第1週