■ 古代エジプト 今月の祭り ■
 
季:ペレト 月:パ=エン・レネヌテト(第4月)
推定現代歴2/14〜3/15

■4日(推定現在歴2/17): テーベではこの日バステトの祭儀が行われ、玉ねぎを食べるしきたりがありました。猫に玉ねぎは禁物ですが、バステトと玉ねぎは一体どういう関係があるのでしょう?
■27日(推定現在歴3/11): 「大麦を量る日」 今月の守護神レネヌテトに、民衆の歓呼の声とともに、収穫された大麦が捧げられました。レネヌテトは額にウラエウスを付けた女性、または蛇頭の女性、蛇身の女性として表わされる収穫の神で、納屋に祀られ初物の供物が捧げられていました。
■28日(推定現在歴3/12): イシスに比べ妹のネフティスはかなり地味な存在ですが、この日は「ネフティスの心臓が歓喜する」祭儀がエドフにて行われました(内容は不明です。)また、この季節にはオシリスを哀悼する「イシスとネフティスが泣く日」が設けられています
出典: 「エジプトの神々事典」河出書房新社
"Festivals in ancient Egyptian calendar"
by University College London  
★★★ 店主のお勧めサイト ★★★
オーダーメイドジュエリーと天然石の販売
古代エジプトモチーフも「LOTUS for BRIGHT」
ヒエログリフを読み解くなら
西村洋子先生の「古代エジプト資料館」
古代エジプト神話ファンならこちら
各国神話ネタも充実「無限∞空間」
Cart
Category
Profile

翠微とは?

中国唐代の詩人、杜牧の「九日斉山の登高」の一節「客と壺を携えて翠微に上る」に因んでいます。

洞主のブログはこちら
-----------------------
古代エジプトの祭り
トピックス、リンク集
-----------------------
古代エジプト暦
現代歴2/14〜2/23は
   :
季:ペレト(播種期)
月:パ=エン・レネヌテト(第4月) 週:第1週